メディックメディア模試ロゴ
看護師国家試験と同じ難易度で「合格までの距離がわかる」全国模試。郵送によるマークシート方式です。

 

「WEBで申し込む」ボタン
「FAXで申し込む」ボタン
「問い合わせ」ボタン

 

 
 

5大特長

 

【特長1】業界初!! WEB復習教材

スマートフォン・パソコン・タブレット端末で利用できる「あなただけの復習教材」を無料で提供。解答結果をもとに受験者ごとに異なる復習教材が作成されるので、ニガテ分野だけをピンポイントで復習することができます。
復習が終わったら、『レビューブック』に復習内容を書き込んで、知識を定着させましょう。

復習完了までの4STEP


 

 

【特長2】驚異の的中率

 
 

メディックメディア模試を支える国家試験の分析情報

出題数ランキング、出題数の推移、小項目別(※)の出題数など、問題作成に欠かせない情報を集計・分析し、問題構成に反映させています。
※弊社独自の分類で、看護師国家試験出題基準(厚生労働省)の項目とは異なります。
 

 

【特長3】どこよりも詳細な成績表

要学習支援者(全国偏差値40以下)のリストや、「1分野=1ページ」で配布しやすい分野別成績など、かゆいところに手が届く成績表です。
「一度使ったら他には戻れない」という声もいただいています。
 

クリックで拡大表示

 

①要学習支援者リスト
②分野別成績
③個人成績表

 

①要学習支援者リスト(学校成績表)

出題基準および『レビューブック』の章分類ごとに、全国偏差値40以下の学生一覧(要学習支援者リスト)を提供します。
成績結果をExcelに手入力する、学生ごとに成績を再集計するといった面倒な作業は一切なく、コレ1枚で学習指導が必要な学生をさっと把握することができます。

②分野別成績(学校成績表)

「自分の担当分野だけの成績結果を知りたい」という声にお応えし、1分野1ページの成績表を提供します。
分野ごとの問題リスト(学校正答率/全国正答率)と全学生の分野別成績を一覧で確認できるので、補講の内容検討などにそのままご活用いただけます。

③学生成績表

「結局、どうすればいいの?」となりがちなアルファベットによる複雑な評価ではなく、合格ラインに達していれば「○」、達していなければ「×(あと●点)」というシンプルな判定が特長です。自分の立ち位置をひと目で確認できるうえに、「あと●点とれば合格できる」というモチベーションにもつながります。

 

【特長4】毎日更新 WEB成績表

受験後2〜4日で、成績結果をWEB上に公開します(紙の成績表は、WEB成績の公開後1〜2営業日後に発送します)。
また、速報値の公開後も、集計結果を毎日アップデートしますので、常に最新情報を確認することができます。

WEB成績表の3つの機能

 

【特長5】「看護師国家試験出題基準 平成30年版」に完全対応

【対応済】 新規項目からの出題

平成30年版と26年版の出題基準を突き合わせて、分野別に項目の増減を集計しました。これに、新規テーマの出題割合(12.1%)を加えて、出題内容を構成しています。

【対応済】 状況設定問題における単問の導入

厚生労働省の通知(平成28年8月1日)の通り、第106回で単問の状況設定問題が出題されました(午前120番)。第107回以降も出題が想定されるため、出題内容・構成の見直しを行っています。 平成28年8月1日付:厚生労働省通知

状況設定問題における単問の導入
現行の1状況あたり2連問又は3連問の状況設定問題に加え、長い状況文を付した単問の状況設定問題を導入する。

【対応済】 問題文の長文化

近年、問題文が長文化しています(第106回→第107回は4.8%増加)。この結果、解答するためにより多くの時間が必要になること、また、長文から必要な情報をピックアップする能力が問われるようになることが推測されます。

 

お申し込み

“「WEBで申し込む」ボタン"
“「FAXで申し込む」ボタン