看護過程  一覧

2020.06.29

A.患者さんが目標・成果をどこまで達成できたか評価し、その結果をもとにこれまでの看護過程全体の評価も行います。改善すべき点を明確にして次につなげていく

2020.06.29

A.看護計画に沿って、実際に看護介入を行います。実施内容が適切かどうか常に確認し、患者さんの安全・安楽を確保することが重要です。 「看護介入の実施」は

2020.06.29

A.看護診断(看護問題)ごとに、目標・成果の達成に必要な看護介入を考えます。その内容をO-P、C-P、E-Pに分けて具体的に記述します。 「看護計画の

2020.06.29

A.アセスメント・看護診断に基づき、看護介入によって目指す患者さんの変化を明確にします。看護介入よりも前に行うことが重要です。 「目標・成果・成果指標

2020.06.29

A.NANDA-I看護診断の内容を理解し、正しくアセスメントしていれば、ほとんどの場合いずれかの看護診断に当てはまるはずです。 看護診断が見つからない

2020.06.29

A.アセスメントで把握した看護問題をNANDA-I看護診断と照合して、患者さんの看護診断を明確にします。 看護過程における看護診断の位置付け 「看護診

オススメ書籍