Page 行数・項目 掲載日
成-33 34 熱中症の分類Ⅲ度の体温 41℃以上 著明に上昇(深部体温39度以上) 2014-09-05
成-33 34 熱中症の分類Ⅱ度の体温 平熱以上~41℃ 中等度上昇 2014-09-05
A-3 食道壁は粘膜(重層扁平上皮),筋層(中輪筋・外縦筋の2層).外膜の3層からなり,漿膜をもたない. 食道壁は粘膜(重層扁平上皮),筋層(内輪筋・外縦筋の2層).外膜の3層からなり,漿膜をもたない. 2014-06-10
H-34 ⑬後天性免疫不全症候群(AIDS) CD4リンパ球数が350/μL以上 CD4リンパ球数が350/μL以下 2014-11-27
H-35 ⑰後天性免疫不全症候群(AIDS) 効果的な抗HIV両方 効果的な抗HIV療法 2014-11-27
小-13 脚注 DQ:developmental quatient DQ:developmental quotient 2014-10-10
小-16 ④▼『予防接種法』により規定されている定期A類疾病予防接種ジフテリア/百日咳/破傷風/急性灰白髄炎(ポリオ) 5回接種 4回接種(+1回接種:2期はDTのみ 2014-10-02
在-9 ⑪▼末期の悪性腫瘍患者その他別に厚生労働大臣が定める疾病等(介護保険) (末期の悪性腫瘍の他の疾病等)
●多発性硬化症
●重症筋無力症
●スモン
●筋萎縮性側索硬化症
●脊髄小脳変性症
●ハンチントン舞踏病
●進行性筋ジストロフィー症
●パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺,大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病〔ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに限る.〕をいう.)
●多系統萎縮症(線状体黒質変性症,オリーブ橋小脳萎縮症,シャイ・ドレージャー症候群をいう.)
●プリオン病
●亜急性硬化性全脳炎
●後天性免疫不全症候群
●頚髄損傷及び人工呼吸器を使用している状態
●末期の悪性腫瘍
●多発性硬化症
●重症筋無力症
●スモン
●筋萎縮性側索硬化症
●脊髄小脳変性症
●ハンチントン舞踏病
●進行性筋ジストロフィー症
●パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺,大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病〔ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに限る.〕をいう.)
●多系統萎縮症(線状体黒質変性症,オリーブ橋小脳萎縮症,シャイ・ドレージャー症候群をいう.)
●プリオン病
●亜急性硬化性全脳炎
●ライソゾーム病
●副腎白質ジストロフィー
●脊髄性筋萎縮症
●球脊髄性筋萎縮症
●慢性炎症性脱髄性多発神経炎
●後天性免疫不全症候群
●頚髄損傷
●人工呼吸器を使用している状態
2014-12-11
社-30 市(区)町村または国民健康保険組合 市(区)町村 2015-01-22
社-50 不妊治療 不妊手術 2015-01-08
H-24 ①クラミジア感染症 (参照L-21 (参照L-12 2015-10-16
成-5 防衛機制の例 置き換え(転移) 置き換え
(転移は削除)
2016-01-15