Page 行数・項目 掲載日
581 改105P31 選択肢1 過去10年の肥満傾向児の出現率は,横ばい~増加傾向である. 肥満傾向児の出現率は,過去10年間で男女ともに低下している. 2021-11-1
581 改105P31 解説1 学校保健統計調査によれば,肥満傾向児の出現率は過去10年で男女ともに横ばいから低下傾向である. 学校保健統計調査によれば,過去10年間の肥満傾向児の出現率は,おおむね横ばい~増加傾向にある. 2021-11-1
107回-66 107A40 解説 計算式 悪性新生物の死亡数/全死亡数×100=200人/1,000人×100=20(%) 悪性新生物の死亡数×100/全死亡数=200人×100/1,000人=20(%) 2021-6-3