ネコメール

Q:急性胃腸炎で38℃の発熱と頻回の水様性下痢がみられる患者への対応で適切なのはどれ?

    1.飲水を制限する.

    2.発汗状態を観察する

    3.下腿のけいれんには冷罨法を行う.

    4.Trendelenburug〈トレンデレンブルグ〉徴候の有無を観察する.

答えはここをクリック

今週のかんごろ

Q:温罨法における湯たんぽの適正温度は?

金でナンパしたけど ゴムは無理なゆーたん
 

1.金で→
2.ナンパしたけど→
3.ゴムは→
4.無理な→
5.ゆーたん→
1.金属製
2.70~80℃
3.ゴム製
4.60℃
5.湯たんぽ

 
かんごろp.41
『看護師国家試験のためのゴロあわせ集 かんごろ』(第6版) p.41