豊富なイラストと写真による解説はこれまで通り!

もちろん、これまでご好評いただいていた豊富なイラストと写真による解説は、リニューアルした本書でも引き続き掲載しています。
 

手技のコツやポイントも満載!手技の根拠がわかる!

本書のメインコンテンツである手順の説明では、補足情報として手技を行う際のコツやポイント、注意点など役立つコメントが満載!また、手技の根拠を「なぜなら」として掲載。自信を持って手技を行うことができます。
 

 

解剖生理も充実!

看護技術を正しく行うためには根拠となる解剖生理の理解が不可欠です。ポイントをおさえたイラストと説明で、苦手な人が多い解剖生理もわかりやすく解説、臨床で役立つ知識として整理しています。
 

 
 

主なリニューアル・追加内容

看護技術を新しく追加!

「与薬」章では塗布剤の使用方法、「清潔ケア」章では洗髪車・洗髪台での洗髪方法などを追加しました。実際の誌面をいくつかご紹介します!
 
【与薬】

 
【清潔ケア】

 
 

周辺知識もさらに充実!

「清潔ケア」章では入浴と血圧変動の関係、「食事援助」章では口腔アセスメントツールOHATなど、看護技術に関わる周辺知識もさらに充実しました。
 
【清潔ケア】

 
【食事援助】

 
 

その他のリニューアル・追加内容

  • 排泄ケア(侵襲を伴わない技術):排泄ケアの選択基準(目安)
  • 与薬  :主なTTS製剤の種類
  • 罨法  :温湿布の手順
  • 創傷管理:スキン-テア
  • 創傷管理:医療関連機器圧迫創傷(MDRPU) など

 
 

収録内容

看護技術に共通する要素

感染予防

  • 手指衛生
  • 個人防護具
  • 洗浄・消毒・滅菌
  • 無菌操作

環境整備

  • ベッドメーキング

活動援助

  • 体位変換
  • 移動介助(車いす/ストレッチャー/歩行介助)

食事援助

  • 食事介助
  • 口腔ケア

清潔ケア

  • 入浴・清拭
  • 足浴・手浴
  • 陰部洗浄
  • 洗髪
  • 寝衣交換
  • 整容

排泄ケア(侵襲を伴わない技術)

  • おむつ交換
  • 床上排泄
  • ポータブルトイレ

与薬

  • 経口与薬(口腔内投与)
  • 直腸内与薬
  • 吸入療法
  • 経皮与薬
  • 点眼
  • 点鼻
  • 点耳

罨法

  • 温罨法
  • 冷罨法

創傷管理

  • 創および創周囲の洗浄
  • 外用薬・ドレッシング材
  • 褥瘡予防
  • 包帯法

※「感染予防」章は、旧『看護技術がみえるvol.2臨床看護技術』から『看護がみえるvol.1基礎看護技術』へ移動しました。
 
 

監修者一覧

藤本真記子  青森県立保健大学 健康科学部 看護学科 准教授
佐藤 久美  ケアファシリティリサーチラボ 感染管理認定看護師 特定看護師
菊地 由美  駒沢女子大学 看護学部 看護学科 講師
水戸 優子  神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 看護学科 教授
三鬼 達人  藤田医科大学病院 看護長 摂食嚥下障害看護認定看護師
野崎真奈美  順天堂大学 医療看護学部 教授
鈴木小百合  順天堂大学 医療看護学部 助教
川島 悠   順天堂大学 医療看護学部 助教
佐居 由美  聖路加国際大学 基礎看護学 准教授
栗原 博之  公益財団法人 日本医療機能評価機構教育研修事業部 部長
渡部 一郎  青森県立保健大学 健康科学部 理学療法学科 教授
大浦 紀彦  杏林大学 医学部形成外科 教授
丹波 光子  杏林大学医学部付属病院 看護部 師長 皮膚・排泄ケア認定看護師
※ご所属は発行時のものです。
 
 

オンライン書店で購入