今回の特集「産褥の経過」

今回ご紹介するのは、母性看護学の産褥の経過です。
国家試験では毎年必ず出題されるといっていいほど重要なテーマです。

特に子宮復古、悪露の性状や量、乳汁分泌、精神的な援助について出題されやすいため、状況設定文の情報を頭に入れたうえで、正確にアセスメントできるようにしておきましょう。

koredake

□① 産褥とは分娩後、母体の状態が妊娠以前の状態に戻るまでの期間をいい、産後6~8週間までである。

□② 子宮底の高さは、分娩直後には臍下2~3横指であるが、分娩12時間後には臍高に達し、以後2~3日で分娩直後と同じ高さとなる。

□③ 分娩12時間後に一度子宮底が高くなるのは、弛緩した骨盤底筋群が回復するため、また子宮腔内に血液成分が貯留したり、膀胱内に尿が貯留したりするためである。

□④ 子宮腔内の遺残物やそれに伴う凝血の貯留、子宮収縮不良などにより、子宮底は高くなる。分娩後は、子宮底の高さ子宮硬度悪露の量や性状の観察が重要である。

□⑤ 子宮復古を促すための不規則な子宮収縮を後陣痛といい、産褥2~3日までにみられる。経産婦で強い痛みを感じる傾向にあるが、個人差が大きい。痛みが強い場合は、鎮痛薬の使用を医師に相談する。

□⑥ 射乳を起こすオキシトシンには、子宮収縮を促進する作用もある。このため、オキシトシンの分泌が亢進する授乳時には後陣痛が増強する。

□⑦ 子宮の大きさは、産褥6~8週頃に非妊娠時の大きさである鶏卵大となる。

□⑧ 子宮頸管は産褥3日頃には1~2指開大となり、4週頃に閉鎖する。

□⑨ 悪露は主に子宮腔内や産道から排出される産褥期の性器分泌物であり、産褥1~3日では赤色(血性)悪露、産褥3日以降から1~2週では褐色悪露、それ以降は3~6週までに黄色悪露から白色悪露へと移行する。

□⑩ 分娩直後は、分娩時の児頭による膀胱頸部の末梢神経圧迫により、一過性の尿閉を生じることがある。

□⑪ 産褥初期(分娩後1週間以内)では、徐脈尿量増加、体重減少などがみられる。

□⑫ 分娩後数日間は、疲労感と不安感が強い時期である。まず身体の疲労回復を促して、母親が育児に意欲をもてるように支援する。

□⑬ 分娩後早期の離床は、子宮収縮や悪露排出を促進し,血栓症などを予防する。正常分娩であれば、分娩2~6時間後には歩行を促す。

□⑭ 分娩時に多量出血や第3度以上の会陰裂傷があった場合や、帝王切開後などは、経過に合わせて離床させる。

□⑮ 産褥期に会陰切開部の疼痛がみられても、発熱や創部の感染などの異常がなければ、正常な創傷治癒過程であると考えられる。

□⑯ 褥婦は便秘になりやすいため、腹部マッサージを行い、繊維性の食物水分を多く摂るよう勧める。便秘は子宮復古を妨げる原因ともなる。産褥3~4日経過しても排便がみられない場合には、浣腸緩下薬を試みる。

□⑰ 子宮復古状態および悪露の臭気凝血の有無を観察し、外陰部を清潔にするよう指導する。

□⑱ 残尿による尿路感染の予防と、子宮収縮の促進のため、3~4時間ごとの排尿を促す。自力での排尿が困難な場合には、導尿を行う。

□⑲ 産褥体操は、出産による筋肉痛、創部の疼痛、下肢のむくみ、疲労感を改善する目的で行う。できるだけ、身体も心もゆったりした気持ちで行うように指導する。

□⑳ 記憶が新しいうちに分娩体験の振り返りを行うことをバースレビューという。自己概念の再構築、母親役割の獲得につながる。
 

kokushi

第1問(第101回午前90問目)

正常分娩した産褥2日の褥婦の状態で、順調な経過であると判断できるのはどれか。2つ選べ。
1.後陣痛がある。
2.乳房の緊満感がある。
3.体温が37.6℃である。
4.悪露に凝血塊が混じる。
5.妊娠中と比べ1日の尿量が減少する。

 
詳しい解説や基本事項などの知識は『クエスチョン・バンク2021』を確認しましょう!

第2問(第99回午後87問目)

28歳の初産婦。妊娠39週0日、午後8時15分に正常分娩した。分娩所要時間は12時間15分であった。
産褥1日における母親役割の獲得への援助で適切なのはどれか。2つ選べ。
1.身体の疲労回復を促す。
2.分娩の振り返りを行う。
3.児の沐浴について指導する。
4.母乳不足の見分け方について説明する。
5.育児分担について夫と話し合うことを促す。

 
詳しい解説や基本事項などの知識は『クエスチョン・バンク2021』を確認しましょう!

第3問(第102回午後112~114問目)

Aさん(38歳、初産婦)は、妊娠38週3日に2,900gの女児を正常分娩した。出産前は、Aさんは夫と2人で暮らしていた。引っ越して3か月であり、周囲に親しい知り合いや友人はまだいない。

〔112〕産褥3日。子宮底の高さは臍下3横指にあり硬度良好であった。乳房は軽度緊満しており、乳汁分泌がみられる。体温37.0℃、脈拍76/分、血圧124/72mmHgであった。訪室時、Aさんは「体がなんとなくだるいです。理由もないのに涙が出てきます」と涙ぐんでいた。Aさんの状態として考えられるのはどれか。
1.産褥熱
2.高血圧症
3.産後うつ病
4.マタニティブルーズ

〔113〕看護師はベッドサイドの椅子に座り、Aさんから育児について分からないことが多いという話を聞いた。話し終えたAさんは「少しすっきりしたような気がします」と言った。このときの看護師の対応で優先度の高いのはどれか。
1.元気づける。
2.休息を促す。
3.精神科の受診を勧める。
4.母親として自覚するよう話す。

〔114〕産褥5日。Aさんは「少しずつ育児ができるようになってよかったですが、自宅での育児は不安です」と話している。看護師の対応で最も適切なのはどれか。
1.児童相談所に連絡する。
2.保育所の利用を勧める。
3.新生児訪問の時期を早めるよう市町村保健師に依頼する。
4.子育てをしている親の会に退院直後から参加することを勧める。

 
詳しい解説や基本事項などの知識は『クエスチョン・バンク2021』を確認しましょう!

さいごに


この内容が、皆様の合格のための一助となれば幸いです。

引き続き、合格に向けて頑張って下さい!
そして、国試本番で存分に力を発揮できますように!

編集部一同、皆様の合格を心よりお祈りしております。