前回の「国試対策はじめの”4歩”」では、
頻出分野を優先して対策すること
②正答率70%以上の問題を必ず解けるようにしておくこと
この2つを意識して勉強することが国試合格のための鉄則であるというお話をしました。

今回はこのうちの①の頻出分野にフォーカスを当てます。
まず、看護師国試に頻出の上位5分野は以下のようになっています。

1位:基礎看護学
2位:健康支援と社会保障制度
3位:母性看護学
4位:成人看護学総論
5位:精神看護学

ここからは、このなかの上位3分野でどのようなテーマが問われているかを見ていきます。

なお、以下の出題テーマは「レビューブックコード」(レビューブックの目次のことです)を記載しております。「レビューブックコード」の説明は、「レビューブックコードってなに?」をご覧ください。


第1位 基礎看護学(31.2点/300点※国試1回分の配点

この分野は、国試300点中31.2点(13.0%)を占める最重要科目です。さらに、この内12.9点分が必修問題で出題されています。
必修問題は40/50点が合格ラインなので基礎看護学の学習をおろそかにすると、その時点で不合格になってしまいます。
以下の表は、基礎看護学分野の出題テーマ(レビューブックコード)を配点順に上位から並べたものです。

「1回あたりの配点」は、過去11回分の看護師国試をテーマに分類して点数に換算、その合計を割って、国試1回分で平均何点分出題されたかをまとめています。

出題テーマ(レビューブックコード) 1回あたりの配点
コミュニケーション 1.5
褥瘡 1.5
輸液 1.3
看護過程 1.2
経腸栄養法(経鼻経管/胃瘻・腸瘻) 1.1
導尿 1.1
医の倫理/看護の倫理 1.0
患者の移動・移送 1.0
酸素療法 1.0
採血 1.0

捨てたら落ちる! 最重要分野

表をみてわかることは、この分野の頻出テーマは、褥瘡や、コミュニケーション、看護過程など、看護の基礎となる知識や考え方であるということです。
基礎的な内容なので早めに得意分野にしておくことで、別分野の学習もスムーズに進みます。

必修問題が多く、基礎的な内容が多いこの分野では、まずは必修問題集『クエスチョン・バンクselect必修』に取りかかるのが大変有効です。
本書籍は、初めて国試問題を解く人にもにわかりやすい解説・書面となっています。

 

第2位 健康支援と社会保障制度(28.5点/300点※国試1回分の配点

頻出分野の第2位は健康支援と社会保障制度となっており、国試300点中28.5点(11.9%)と配点が高く、基礎看護学と同じく必修問題で10.5点も出題されているので“捨てたら落ちる分野”といえます。
先ほどと同様に頻出テーマの表をみていきましょう。

出題テーマ(レビューブックコード) 1回あたりの配点
精神保険福祉法 1.5
介護保険制度の概要 1.5
保健師助産師看護師法 1.4
医療法 1.3
医療保険制度の概要 1.2
国民健康・栄養調査 0.9
施設サービス 0.8
地域密着型サービス 0.8
世帯構造 0.7
環境の変化と健康への影響 0.7

範囲は広いが、覚えれば得点できる分野

この分野は他分野とは大きく異なり、精神保健福祉法介護保険制度の概要医療法などの法律、制度、統計といった暗記テーマがずらりと並びます。
 
覚えてしまえば得点できる分野ですが、逆に言えば、覚えなければ得点できません。
出題される範囲も広いので、後回しにせず少しずつ学習を進めることをオススメします。
 
この少しずつ学習を進めるという勉強法にピッタリなのが,『クエスチョン・バンクselect必修』に付いている「法律・統計丸暗記カード」です
通学中や休み時間などのスキマ時間に、このカードを使って少しずつ暗記していくと効率的に対策できます。

本書には、国試合格のために覚えておくべき、法律・統計の49項目がぎゅぎゅっと1冊にまとまっています。

サッと取り出せる手のひらサイズになっているので、通学中や休み時間などのスキマ時間に、このカードを使って少しずつ暗記していきましょう。

    基礎看護学と同じく、必修問題での圧倒的な配点!
    覚えてしまえば得点源になる分野。
    『クエスチョン・バンクselect必修』に付いている「法律・統計丸暗記カード」を使ってガンガン覚えてしまいましょう

 

第3位 母性看護学(15.8/300点※国試1回分の配点

この分野が先ほどの2分野と大きく異なるのは、状況設定問題で7.6点も出題されている点です。状況設定問題は1問2点(必修・一般問題は1問1点)なので、得点源として活用できる分野です。

出題テーマ(レビューブックコード) 1回あたりの配点
産褥の経過 1.4
新生児の生理 1.4
妊娠に伴う母体の変化 0.8
母乳栄養/授乳 0.7
新生児の看護 0.7
妊婦の保健指導 0.5
分娩第1期 0.5
セクシュアリティ/ジェンダー 0.5
妊娠の成立 0.5
分娩経過 0.5
新生児・乳児の反射 0.5

状況設定問題で頻出の重要分野

頻出テーマは、なんといっても産褥の経過と新生児の生理。
これらは第100~109回の状況設定問題でほぼ毎回出題されているので、必ず学習しておきましょう。

状況設定問題の特徴は、なんといっても問題文が長文であるということです。
長文形式の問題では問題文の中から問題を解くために必要な情報を選び出す必要があります。
そのため、『クエスチョン・バンク』に掲載されている状況設定問題を繰り返し解くことが重要です。
さらに長文を読み解くのが苦手な人向けに、『クエスチョン・バンク』には「長文問題対策のキホン」という記事を掲載しています。
このコラムでは、状況設定問題を解くための基本的なポイントをまとめています。
ぜひご一読ください。

    1問2点の状況設定問題での出題が多い分野。
    得意にすることで、安定した得点源になるでしょう。
    『クエスチョン・バンク』で繰り返し問題を解いて長文形式の問題に慣れる。

 

  • 26分野すべての頻出ランキングと分野全体の分析については「【第110回看護師国試】国試対策 はじめの”4歩”」からご確認ください。
  • 次回配信予定

    次回の記事「【第110回看護師国試】 国試によくでるレビューブックコードTOP10」(11月20日公開予定)では、分野ごとの出題テーマ(レビューブックコード)TOP10のご紹介をします。こちらもぜひぜひチェックしてみてください。