直腸癌事例(Aさん)のコーピング-ストレス耐性パターンのアセスメント記述例

書籍『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』(以下、『看みえ④』)の事例解説を読んで、レポート用紙に実際にアセスメントを書くときはどうしたらいいの?と困ってしまった方、必見です!
ここでは、Aさんのコーピング-ストレス耐性パターンのアセスメント(『看みえ④』p.309)の書き方を紹介します。この記述例と解説をもとに、誰がみてもわかりやすい、かつ過不足のないアセスメントの書き方を学んでいきましょう。
 
Aさんの健康知覚-健康管理パターンのアセスメントの記述例
Aさんの活動-運動パターンのアセスメントの記述例
 

Aさんのコーピング-ストレス耐性パターンに関する情報

Aさんは、50歳の男性、ステージⅡの直腸癌で直腸切断術とストーマ造設のために入院した患者さんです。アセスメントの前に情報をみておきたい人は、『看みえ④』p.308をみるか、こちらで確認しておきましょう。

Aさんの情報はこちら



 

Aさんのコーピング-ストレス耐性パターンのアセスメント記述例

アセスメントの記述は、内容によって色分けしています。

 
大きく2つの視点に分けて記述したときの例を示します。スクロールすると、それぞれの記述のポイントを解説しているので、それも必ずチェックしましょう!(PCの方は、解説アイコンをタップすると直接解説に飛びます)

ストレスとストレス耐性

コーピング

 

Aさんのコーピング-ストレス耐性パターンのアセスメント記述例と解説

それでは、Aさんのコーピング-ストレス耐性パターンのアセスメントの記述例と解説をみていきましょう。
 

必ずおさえよう、アセスメントの視点


まずは、『看みえ④』で示しているコーピング-ストレス耐性パターンのアセスメントの視点を確認しましょう。この視点で考えると、アセスメントの方向性(結論)が定まり、アセスメントが書きやすくなりますよ!はじめてアセスメントを書く場合、まず赤字部分の「アセスメント項目」ごとに書いていきましょう。

コーピング-ストレス耐性パターンのアセスメントの視点
ストレスとストレス耐性の関係はどうか
コーピングは適切か コーピング方法は適切か
サポートシステムは適切か

 
 

「ストレスとストレス耐性」のアセスメント

解説① 書き出しに、「アセスメント項目」を書く

記述の最初に、「アセスメント項目」(黄緑下線)を示すと何について書かれているのかわかり読みやすくなります。ここだけでなく、すべての「アセスメント項目」においても同様です。
 
 

解説② 「ストレスとストレス耐性の関係はどうか」の視点で解釈したことを書く

まずは解釈の記述です。解釈では、「Aさんのストレスとストレス耐性の関係はどうか」という視点で、Aさんの状態をとらえます。適切か/適切でないか、また、意欲・願望を示すのか、解釈したことを具体的に書きましょう(緑下線)。また、解釈の根拠となった情報(青下線)を必ず書きましょう。情報の記述がないと、なぜそのように考えたのか他の人には伝わりません。
Aさんのように、適切でない反応がみられる場合、それが実在型問題(紫マーカー)になるため、問題に挙げることを明記するとわかりやすいでしょう。
 

解釈で現在のAさんの状態がわかったら、次は分析の記述です。特に問題が挙がったら、必ず原因・誘因を分析し、明らかにしておきましょう。なぜなら、看護介入は、問題の原因にまずは介入するのが大原則だからです。

解説③ 「過剰なストレス負荷」になった原因・誘因を書く

現在みられるAさんの「過剰なストレス負荷」になった原因・誘因を書きましょう(ピンク下線)。原因・誘因の分析では、Aさんの基礎情報やアセスメントの枠組みに含まれる情報など収集したすべての情報から原因・誘因を考えます。
 
 

解説④ 「過剰なストレス負荷」が今後どうなるか、なりゆきを書く

最後になりゆきを推論した結果を記述します。現在みられるAさんの「過剰なストレス負荷」が、今後どうなるのか具体的に書きましょう(オレンジ下線)。Aさんの場合、これから手術を行うため、術後のことも含めて推論していきます。
 
全体の記述例へ戻る
 
 

「コーピング方法」のアセスメント

解説⑤ 「コーピング方法は適切か」の視点で解釈したことを書く

解説①・②をふまえ、記述の最初に「アセスメント項目」(黄緑下線)を書き、「Aさんのコーピング方法は適切か」という視点でとらえたAさんの状態を書きましょう(緑下線)。ここでも、解釈の根拠となる情報(青下線)を忘れないでください。
解説②と同様、適切でない反応がみられる場合、それが実在型問題(紫マーカー)になるため、問題に挙げることを明記するとわかりやすいでしょう。
またここでは、ストレスやコーピングについての知識が必要になります。コーピングについて知りたい方は、ラザルスらのストレスモデル(『看みえ④』p.273)を参照してください。
 

解釈で現在のAさんの状態がわかったら、次は分析の記述です。先ほど説明したように、問題が挙がったら、必ず原因・誘因を分析し、明らかにしておきましょう。

解説⑥ 「コーピング不足」になった原因・誘因を書く

解説③と同様、現在みられるAさんの「コーピング不足」になった原因・誘因を書きましょう(ピンク下線)。原因・誘因の分析では、Aさんの基礎情報やアセスメントの枠組みに含まれる情報など収集したすべての情報から原因・誘因を考えます。
 
 

解説⑦ 「コーピング不足」が今後どうなるか、なりゆきを書く

最後に術後も含めたなりゆきを推論した結果を記述します。現在みられるAさんの「コーピング不足」が、今後どうなるのか具体的に書きましょう(オレンジ下線)。
 
全体の記述例へ戻る
 
 

「サポートシステム」のアセスメント

解説⑧ 「サポートシステムは適切か」の視点で解釈したことを書く

他のアセスメントと同様に、記述の最初に「アセスメント項目」(黄緑下線)を書き、「Aさんのサポートシステムは適切か」という視点でとらえたAさんの状態を書きましょう(緑下線)。ここでも、解釈の根拠となる情報(青下線)を忘れないでください。
 
 

解説⑨ 「適切なサポートシステム」が今後どうなるか、なりゆきを書く

次に術後も含めたなりゆきを推論した結果を記述します。現在みられるAさんの「適切なサポートシステム」が、今後どうなるのか具体的に書きましょう(オレンジ下線)。ここでは良くないなりゆきの可能性が考えられていますが、現在のAさんと家族に危険因子がないため、リスク型問題には挙がりません
 
 
※コーピング-ストレス耐性パターンのアセスメントでは、すべてのアセスメント項目において強みがみられなかったため、強みの分析は記述していません。
 
全体の記述例へ戻る
 
 
 
この記事を読んで、アセスメントが書けそうかもと少しは思えましたか?
アセスメントを苦手と感じる人は多いですが、何をどんなふうに考えて、書けばよいのかわかれば難しいことはありません。『看みえ④』とともに、アセスメントの核となる「人間の反応」の解釈・分析をマスターして、看護過程を楽しく学んでいきましょう。

関連する記事

看護過程で考える「人間の反応」とは何ですか?
看護過程におけるアセスメントとは何ですか?
Aさんの健康知覚-健康管理パターンのアセスメントの記述例
Aさんの活動-運動パターンのアセスメントの記述例

『看護がみえるvol.4』参照ページ

●「人間の反応」とは何か?→p.12
●「人間の反応」の解釈について知りたい→p.92
●「人間の反応」の分析について知りたい→p.95
●原因・誘因の分析、強みの分析の手順を知りたい→p.96
●なりゆきの分析について知りたい→p.99
●Aさんについて知りたい(事例紹介)→p.247〜255
●Aさんのアセスメントについて知りたい→p.278〜322
 
「アセスメントの書き方一覧」へ戻る
 
 

看護がみえるvol.4 看護過程の展開

第1版 B5判 380頁
定価(本体3,300円+税)
ISBN 978-4-89632-801-1
発行日 2020-06-30