A.意欲・願望があっても、ヘルスプロモーション型の看護問題にならない場合もあります。

ヘルスプロモーション型問題の条件

「健康増進への意欲・願望」は、ヘルスプロモーション型問題になる場合もあれば、そうでない場合もあります。

ヘルスプロモーション型問題とは、健康増進への意欲・願望によって強化される可能性のある、良い「人間の反応」のことです。つまり、強化される「人間の反応」が良いものであることと、なりゆきが実現可能であることが条件になります。

ヘルスプロモーション型問題にならない場合の例

次の①・②の場合は、ヘルスプロモーション型問題になる条件を満たしていません。

①強化される「人間の反応」が、良いものではない

例えば、腎機能低下のために水分制限を指示されている患者さんが「代謝を良くするために水分をたくさん摂りたい」という意欲・願望を示す場合や、慢性呼吸器疾患の患者さんが「またタバコを吸えるようになりたいから治療を頑張りたい」という意欲・願望を示す場合は、強化される「人間の反応」が患者さんにとって良いものではないため、ヘルスプロモーション型問題にはなりません。

②なりゆきが実現可能ではない

例えば、歩行できるようになる見込みがない患者さんが「歩く練習を頑張りたい」という意欲・願望を示す場合や、『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』の事例のAさんのように永久ストーマを造設した患者さんが「またお尻から排泄できるようになりたい」という意欲・願望を示す場合は、なりゆきが実現不可能であるため、ヘルスプロモーション型問題にはなりません。

ヘルスプロモーション型問題を挙げる場合は、これら2点を確認しておきましょう。

関連するQ&A

看護過程で明らかにする「強み」と「ヘルスプロモーション型問題」の違いは何ですか?

『看護がみえるvol.4』参照ページ

●意欲・願望を示す「人間の反応」のなりゆきを分析する手順→p.99
●意欲・願望を示す「人間の反応」のなりゆき分析の例(ヘルスプロモーション型問題になる場合)→p.102
●NANDA-I看護診断の「ヘルスプロモーション型看護診断」の解説→p.120

 
「Q&A一覧」へ戻る
 

看護がみえるvol.4 看護過程の展開

第1版 B5判 380頁
定価(本体3,300円+税)
ISBN 978-4-89632-801-1
発行日 2020-06-30