• 1.認知機能の評価尺度を用いる.
  • 2.事実と異なる聴取内容を訂正する.
  • 3.話を聴く前に文書による同意を得る.
  • 4.高齢者が話しやすい時代の思い出から聴く.