毎年、メディックメディア編集部には、看護実習でのレポートの書き方に悩める看護学生さんたちの声がたくさん届きます。“アセスメントが書けない!”“書き出しから迷ってしまう…”といった声は最も多い声の1つ…。そんな学生さんの力になるべく、どんな患者さんの実習でも使えるワザをご紹介したいと思います。
今回は、その1つとして、ゴードンの機能的健康パターンを詳しく解説していきます。
これを読めば、あなたもゴードンの機能的健康パターンを自分のものにすることができるはず!

 

ゴードンの「機能的健康パターン」って?

簡単にいうと、患者さんを看護の視点でアセスメントするための枠組みの1つ。
看護過程を展開していくには、患者さんの情報を身体的・精神的・社会的な側面からもれなく正確に収集・分析し、健康上の問題をとらえる必要があります。とはいえ、患者さんを3つの側面から「看護の視点で」「もれなく正確に」アセスメントするのって、なにも指標がないと難しいですよね?

そこで登場するのが、アセスメントの枠組みです。アメリカの看護理論家、マージョリー・ゴードン氏(1931-2015)は、どんな看護場面でも適応できる基本的なアセスメントの枠組みとして、この11の機能的健康パターンを開発しました。
それが、みなさんが学校で習った「ゴードンの11の機能的健康パターン」なのです。

 ゴードンの11の機能的健康パターン
 1.健康知覚-健康管理パターン
 2.栄養-代謝パターン
 3.排泄パターン
 4.活動-運動パターン
 5.睡眠-休息パターン
 6.認知-知覚パターン
 7.自己知覚-自己概念パターン
 8.役割-関係パターン
 9.セクシュアリティ-生殖パターン
 10.コーピング-ストレス耐性パターン
 11.価値-信念パターン

 

「機能的健康パターン」をかみ砕いたら、特段にわかりやすくなった!

例えば、Aさんという糖尿病の患者さんを実習で受け持ったとします。「ゴードンの健康知覚-健康管理パターンに沿って情報収集しアセスメントしてみてください」と先生に言われても、看護過程を習ったばかりでは、困ってしまいませんか?しかもこれを11パターン分…。この記事を書いている編集者は、まず「健康知覚-健康管理パターン」という言葉で挫折しました。健康“知覚”って何……?言葉の意味がわからなくて何をアセスメントしたらいいかわからない…!となってしまったのです。

看護過程を習い始めた学生さんにとって、このゴードンの機能的健康パターンの名称はちょっとイメージしづらいのではと感じています。でも、実はゴードン氏本人はそれぞれのパターンにおいて何をどんなふうにアセスメントしたらよいのか、自身の著書「アセスメントの覚え書 ゴードンの機能的健康パターンと看護診断」(医学書院)や「看護診断-その過程と実践への応用」(医歯薬出版)などで示してくれているのです。そこで、メディックメディア編集部では、これらを参考に、機能的健康パターンをそれぞれかみ砕いて各パターンに存在する要素を明らかにしてみました。すると、アセスメントすべきことがグッと見えてきたのです。早速1つ見ていきましょう。

(補足:安全対策とは、風邪をひかないように実践している健康法や、例えば麻痺がある場合に転倒予防のために患者さん自身が対策していることなどが含まれます)

いかがでしょうか。健康知覚-健康管理パターンって、こういう要素から構成されているんだ!ということがわかりやすくなったと思いませんか?
 

これをアセスメントに活かすには?

みなさんが実習や授業で看護過程を展開するときのレポート用紙は、パターンごとにアセスメントを記載しますよね。その時にみなさんは、まずは「●▲パターンに問題はないかな?」という視点でアセスメントしていくと思いますが、まだまだ看護過程が慣れていない段階では、なかなか難しいのではないでしょうか。

そこで、この「●▲パターン」を、かみくだいた言葉に置きかえて考えてみてください。
例に挙げた「健康知覚-健康管理パターン」で見てみましょう。

看護過程を展開することに慣れた人(もちろん看護師さんも)であれば、上級編の視点を使って、もれなくアセスメントする(つまり、頭の中では初級編で示したような細かい視点でアセスメントする)ことができると思いますが、初学者のかたは、まずは初級編の視点でみてみることをオススメします。 ちょっと視点が増えて、「むむ…」と思うかも知れませんが、少しかみ砕いてみることで、健康知覚-健康管理パターンでは患者さんの何をアセスメントすればよいか?ということがみえてきたと思いませんか?
 

【決定版】11の機能的健康パターンにおけるアセスメントの視点(初級編)

それでは、すべての機能的健康パターンについて、かみくだいたアセスメントの視点をご紹介します。

ゴードンの11の機能的健康パターン アセスメントの視点(初級編)
1.健康知覚-健康管理 健康知覚(健康に関する認識) これまでの健康に関する認識に問題はないか
現在の健康に関する認識に問題はないか
健康管理 健康管理状況に問題はないか
安全対策に問題はないか
2.栄養-代謝 栄養摂取 食習慣に問題はないか
栄養摂取量に問題はないか
水分摂取量に問題はないか
摂食・嚥下の状態に問題はないか
身体各部での栄養の利用(代謝) 栄養状態に問題はないか
皮膚状態に問題はないか
免疫状態に問題はないか
3.排泄 便の排泄 排便習慣に問題はないか
排便の状態に問題はないか
尿の排泄 排尿習慣に問題はないか
排尿の状態に問題はないか
汗の排泄 発汗の状態に問題はないか
4.活動-運動 身体活動 身体活動状況に問題はないか
活動耐性に問題はないか
運動習慣に問題はないか
日常生活活動(ADL) ADLに問題はないか
余暇活動 余暇活動に問題はないか
5.睡眠-休息 睡眠・休息・リラクセーション 睡眠習慣に問題はないか
休息・リラクセーションに問題はないか
6.認知-知覚 感覚機能 感覚機能に問題はないか
認知機能 記憶・注意に問題はないか
ことばの理解と表現に問題はないか
意思決定に問題はないか
学習・知識に問題はないか
不快症状 疼痛問題はないか
その他の不快症状の問題はないか
7.自己知覚-自己概念 自己概念・自尊感情 自己概念(アイデンティティとボディイメージ)に問題はないか
自尊感情に問題はないか
感情の状態 感情の状態に問題はないか
8.役割-関係 他者との関係の成立 他者との関係の成立に問題はないか
疾病・治療による役割への影響 家庭、職場、地域での役割と関係に問題はないか
9.セクシュアリティ-生殖 生殖機能・セクシュアリティ 生殖機能の状態に問題はないか
セクシュアリティに問題はないか
10.コーピング-ストレス耐 ストレス耐性 ストレス耐性に問題はないか
コーピング コーピング方法に問題はないか
サポートシステムに問題はないか
11.価値-信念 価値観・信念 価値観・信念をゆるがす問題はないか

※参考文献
『看護診断-その過程と実践への応用 原著第3版』(1998、医歯薬出版)
『ヘンダーソン・ゴードンの考えに基づく 実践看護アセスメント 第3版』(2011、ヌーヴェルヒロカワ)

以上が、すべての機能的健康パターンにおけるアセスメントの視点です。視点が多くて嫌だな〜と感じた方は、自分が「まだ理解しきれていないなぁ」と思うパターンだけでも、このアセスメントの視点を使ってみてください。患者さんのどこをみなければならないのか?という視点が具体的に見えてくると思います!もちろん、この視点に該当するすべての情報を収集できることは、実際の臨床現場ではほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。このアセスメントの視点を用いるときに大切なのは、この視点に該当する情報をもれなく収集してくることではなく、得られた情報を使って何をアセスメントするか?という指標にすること、そして情報が足りない時の指標にすること、ではないでしょうか。

 

アセスメントの視点を使って実際に情報解釈してみよう

このアセスメントの視点(初級編)を使って、具体例でみてみましょう。
例えば、実習で受け持ったYさん(会社員)から得た情報が次のようだったとします。

では、ここでクイズです。
この情報は、健康知覚-健康管理パターンの「患者さんのこれまでの/現在の健康に関する認識」「患者さんの健康管理状況」「患者さんの安全対策」のうち、どの項目をアセスメントできる情報になると思いますか?

正解は、
「健康管理状況」。
健康診断の受診に関する情報は、当てはめやすいですね。

では、次のクイズです。この情報から患者さんの健康管理状況に問題はないでしょうか?

要精密検査と言われているにも関わらず検査を受けに行かない、という姿勢は、健康管理に対する望ましい状況からは逸脱した姿勢ですよね。そのため、
「健康管理状況に問題あり」もしくは「不適切な健康管理状況」
といった答えになるでしょう。
そうです、この一連の流れがアセスメントの視点による患者さんの情報解釈になるのです。このような情報解釈ができたら、Yさんの健康知覚-健康管理パターンは、機能障害的(機能不全)パターンであるということに繋がっていきます。

    大事なポイントは2つ!
    ①得られた情報が、何をアセスメントできる情報になるのか、割り振ってみる
    (看護過程を習い始めた学生さんは、ここで初級編の項目に割り振ってみましょう)
    ②その情報から、アセスメントの視点によって適切か不適切か、正常か逸脱かを考えてみる

 
ちなみに、【アセスメント】はまだこれだけでは終わりません。
各機能的健康パターンにおいて、上で述べたポイント②で適切か不適切か、正常か逸脱かという判断したら、そうなってしまった患者さんの原因やなりゆき(リスク)、強みを考え、健康上の問題を導き出します。その後、それぞれの機能的健康パターンであがった健康上の問題を1度まとめてから、再度、原因(因果関係)を精査・整理すると、看護問題(看護診断)を決定することができます。このあたりについては、また別の記事で詳しく解説していきたいと思います!

 

終わりに

実習記録のアセスメントの欄を書くときに、どうやって書いたらいいかわからない!と悩んでいるなら、まずはこのアセスメントの視点(初級編)に答える気持ちで、アセスメントを書いてみて下さい!もちろん、その際には、患者さんの年齢や性別、疾患、治療などを考慮すること、そしてそれぞれの視点において、患者さんのこれまで・現在・なりゆきと時系列で考えることを忘れずに!
なんだか考えることがいっぱいで頭がパンクしそう……しかし、このアセスメントの視点は、どんな患者さんであれ共通して使える視点なので、覚えておいて損はないはず!
ぜひ、実習記録に活用してみてくださいね!