こんにちは、メディックメディア編集部です。
今回は、今更聞けない「聴診器の使い方」についてご紹介します!

聴診器の使い方?

聴診器、使ってますか?

「血圧を測る時しか使わない」
「カチっと回すと聞こえなくなる意味がわからない」
「なんとなく看護師っぽいから持ち歩いてる」

なーんて人は、いませんか?

聴診器は、看護師にとって必須アイテムであり生涯の相棒です。
構造や使い方をおさらいしてみましょう!

 

聴診器の構造(シングルタイプ/膜型)

聴診器にも色々ありますが、まずは一番シンプルなシングルタイプで見てみましょう。
耳に差し込む部分がイヤーピース、患者さんの身体に当てる部分がチェストピース、それらをつなぐチューブ、の大きく3つのパーツに分けられます。
チェストピースには、音を集めるための薄い振動板が組み込まれています。この振動板が膜のようにふるえることで、音がよく伝わります。この振動板のある面を膜型といいます。

膜型は、高音の聴取に優れ、血圧測定時のコロトコフ音呼吸音腸蠕動音心音など幅広い聴取に適しています。
膜型で聴く場合は、振動板と皮膚に隙間ができないよう押し当てます。

 

聴診器の構造(ダブルタイプ/膜型+ベル型)

次はダブルタイプを見てみましょう。
ダブルタイプは、上記の振動板の反対側に、椀状の構造が付いています。この椀状の面は、ベル(鐘)の形に似ているためベル型といいます。

ベル型は低音の聴取に優れ、特に心尖部の過剰心音を聴く際に適しています。
ベル型で聴く場合は、強く押し当て過ぎると低音が減弱するため、ベルを皮膚に軽く密着させます。

ダブルタイプでは、膜型とベル型の切り替えをシャフトを回して行います。ベル型を用いる際はカチッと回して、穴が開いている状態で聴診します。

他にも聴診器には、小児用や新生児用(サイズが異なる)、聴診モードをボタンで切り替えできる電子聴診器など、色々な種類があります。

 

聴診器の使い方ポイント

・装着する際は、ハの字になるように優しく両手で持ち、耳にはめましょう。(※角度がついていない聴診器もあります。)
・寒い時期には患者さんが冷たい思いをしないように、チェストピース部を手で温めてから使用しましょう。
・使用後は、聴診器が感染源とならないように、アルコール綿で拭き清潔に保ちましょう。

聴診器のより詳しい使い方については、『フィジカルアセスメントがみえる』のP.19-21に掲載しています。参考にしてみてくださいね。

聴診器の正しい使用方法を理解し、使いこなしていきましょう!


☟【実習お役立ち特集】記事一覧はコチラ☟