実習に行ってみて驚いたことはある?

・カンファレンスを初めてした時びっくりした。カンファレンスって何?何を報告したらいいの?と思った。
※「カンファレンス」とは?:直訳すると会議を指します。医療現場では、チームで患者の状態や今後の計画など話し合うことを意味します。看護実習では、実習メンバーでお互いの気づきや学びを振り返り、理解を深めるために行います。

・患者の担当看護師が毎日変わることを知らなかった。昨日の担当看護師に報告しようとして、今日は違うよ、と言われた。ホワイトボードでその日の担当看護師を確認するとその後知った。

これから実習に出る看護学生へひとこと!

・カルテと事実は違うことも多いので、なるべく患者さんのもとへ行こう。実習を楽しんで欲しい
・実習前に1日のスケジュールを具体的にイメージしておくと、戸惑うことが少ないと思う。
・あなたのおかげでここまで元気になれたって言われた時はすごく嬉しかった。実習は一生忘れられない思い出になる
・自分は全部否定するタイプの教員で辛かったが、留年するのは親に申し訳ないと思った。どんなに辛いことがあっても終わりがあるからがんばってほしい。
・きつくなったらためこまずに先生や友人など周りに相談して。先生も看護師だからわかってくれる。
・記録は徹夜して書くのではなく、効率的に進める工夫をしよう!その方が患者さんのためになる。
・シャドウイングでは看護師の邪魔になっていないか不安だと思うが、学ぶ姿勢を持って積極的に質問すれば必ず答えが返ってくるので、勇気をもとう!
・とにかく事前準備が大事!余裕がないと患者さんのこと治療のことなど気づけないし、寝る時間もなくなるので、次の実習で何を学ぶのかを考えてできるだけまとめておこう!
・思っていた以上に看護師の業務は慌ただしく、ケアがルーチン化されていて、理想と現実のギャップに学校を辞めてしまった子もいるが、自分のなりたい看護師像をしっかりもって乗り越えてほしい

おわりに

全ての実習を終えられた皆さんから振り返ってみると、「最初の実習は課題も少なく、難しいアセスメントや評価まで求められることもない。まずは看護師という仕事と、療養している患者さんについて少しでも理解すること」が最も大事ということでした。

また、看護師の仕事を実際見て、その慌ただしさにショックを受けることも少なからずあるようでした。そんな場合は「忙しい中でも提供できる看護とは何か自分だったらどんな看護がしたいかを考える」と良い、とのことでした。


いかがでしたでしょうか? 今回の記事は、最初の病院実習に踏み出すお役に立てるでしょうか。
より良い実習のスタートをきれますよう、今回ヒヤリングさせていただいた皆さん同様に、編集部一同応援しています!

前の記事に戻る:#1-1. 教えて! 初めての病院実習
前の記事に戻る:#1-2. 実習前に勉強すること&ノートづくり


#1-1.#1-2.#1-3.