• 1.患者自身の失敗体験をもとに指導する.
  • 2.病気に関する広範囲な知識を提供する.
  • 3.症状に慣れる方法を身につけるように促す.
  • 4.自分の身体徴候を把握するように指導する.