1.飲水を制限する.

    2.発汗状態を観察する

    3.下腿のけいれんには冷罨法を行う.

    4.Trendelenburug〈トレンデレンブルグ〉徴候の有無を観察する.