みんなが持ってる『レビューブック』は買った!
でも使いこなせなきゃ意味がないですよね!
そこで『レビューブック』の活用法を元看護学生の編集部Mが紹介します!

模試の復習を『レビューブック』にまとめよう

みなせん、夏前に模試は受けましたか?
受けてみたら、結果はボチボチ…なんて方もいるかもしれません。
でも大丈夫!今の時期は結果よりも復習が大事なんです。
間違えた問題を『レビューブック』にまとめてみよう!

先輩たちのレビューブックをみてみよう

模試以外にも、実習や授業で得た知識をどんどん付け足していくと、最終的にこんな『レビューブック』ができます!

→先輩たちのレビューブックをもっとみたい人はコチラ

『レビューブック』を1周してみよう

編集部M(元看護学生)はまず『レビューブック』をひととおり読んで、どこが国試で問われやすいのかを把握しました。
全部覚えようとするのではなく、とりあえずざっと全体を見通すのがポイント。
読むだけでも国試に必要な情報はこのぐらいなんだということがわかるんです。

番外編★計画はきっちり立てないほうがいい!?

夏休み、気合を入れて勉強計画を立てる人も多いのでは?
でも細かく計画を立てすぎると、計画が崩れたときに、やる気もなくなってしまうかも・・・。
オススメなのは1日分の計画をその日に立てること!
「基礎看護を20問解く」、「必修を1章分やる」など、欲張りすぎず、達成できそうな目標にするといいですよ♪

その日達成した成果を記録するにはRBとQBの新付録『study schedule』がおすすめ!
自分の国試勉強の進捗をひと目で確認できるから、勉強の計画に役立つこと間違いなし!

看護学生のマストアイテム『レビューブック』

さて、ここまで説明してきた『レビューブック』。
まだ買ってない、どんな本かわからないなんて人もいるかな?
『レビューブック』は、10年分の看護師国試をまとめた参考書。
なんと9割の看護学生に選ばれています!
イラストや図表が豊富で、理解が進みますよ。
まだもっていない人は急いでゲットしよう♪

連載記事はコチラ!