今回の特集「コミュニケーション」

*国試によくでるレビューブックコードTOP10*シリーズ

今回ご紹介するのは、TOP8のコミュニケーションです。

koredake

□① 受容共感の態度をもって患者や家族に接する.

□② 専門用語の使用は必要最小限とし,理解しやすい表現を心がける.

□③ 対象者との会話を増やすことで信頼関係が深まるとは限らない.また,言葉だけではない非言語的コミュニケーション(表情,視線,ジェスチャー,タッチングなど)も活用する.

□④ タッチングは,触れるタイミングや箇所などを意識して意図的に行うもので,看護師と患者の相互作用で成り立つ.患者の心理的状態で有効性が異なる.実施する際は,患者の価値観社会的背景を考慮する必要がある.

□⑤ 面接の意義として,❶対象者理解のための情報収集,❷医療者-対象者の信頼関係ラポール)の構築,❸対象者の教育・調整・動機づけがあり,その結果,対象者の満足度も上がることがある.

□⑥ 病気の原因,病状,経過,希望する検査や治療などについての患者自身の考え価値観ニーズを聞くことが重要である.

□⑦ 面接の最初では開かれた開いた質問(open-ended question)を心がけ,次に閉じられた閉じた質問(closed-ended question)で細部を補うようにする.
❶開かれた質問……患者が症状や来院理由を自由に話せる.身体症状だけでなく,心理的・社会的情報も得られる.例: 「今日はどのようなことでいらっしゃいましたか」
❷閉じられた質問……はい/いいえで答えられるような質問のこと.病歴の不足部分を補う.例: 「吐き気はありますか」

□⑧ 話を途中で遮らずに傾聴することで対象者は話しやすくなる.具体的な方法は,以下のようである.
● 沈黙……対象者が考えを整理する時間を十分にとる.
● うなずき・あいづち…… 表情や言葉で促すことで対象者を安心させ,会話を促進させる.
● 繰り返し……「~なのですね」等,対象者の話を一つひとつ確認し,次の話を促す.
● 要約……対象者の話を手短に整理し,確認を求める.

 
レビューブックの付録『コレダケ』で得点力をアップしましょう!

kokubun

●さまざまなコミュニケーション技法が問われているが,そのなかでも受容と共感(13問中4問)や開かれた質問・閉じられた質問(13問中3問)についてよく問われている.また,コミュニケーションにおけるラポールを意味するものについて問われている(13問中2問).

他の国試分析については、『クエスチョン・バンク2018』を確認しましょう!

kokushi
 

第1問(第106回午前37)

患者と看護師の関係において,ラポールを意味するのはどれか.

1.侵されたくない個人の空間
2.人間対人間の関係の確立
3.意図的な身体への接触
4.自己開示

 
詳しい解説や基本事項などの知識は『クエスチョン・バンク2018』でチェックしましょう!!

第2問(第103回追試験午前41)

痛みを訴える患者に対する共感的な対応はどれか.

1.「さっき痛み止めを使ったばかりなので様子を見ましょう」
2.「どこがどのように痛いのですか」
3.「痛み止めはまだ効きませんか」
4.「痛いのはつらいですよね」

 
詳しい解説や基本事項などの知識は『クエスチョン・バンク2018』でチェックしましょう!

次回予告!!

次回はTOP7の「介護保険制度の概要」をご紹介します。

乞うご期待ください!




LINE・Twitterで、更新情報をお知らせしています。よかったらフォローしてね☆