国家試験の質・難易度を一定に保つために、平成16年から導入された試験問題のプール制。実際にどれくらい出題されているのか、第106回国試を例に検証したところ、意外な事実が明らかになりました。(各数値は,第93回~106回の問題で集計したものです)

プール制による出題は約4問に1問

前提として、プール制の出題形式を以下の2種類に分けて考えます。

 ①問題文・選択肢を含めて、ほぼ同じ内容(例はコチラ
 ②問題文や選択肢は異なるが、問われているのはほぼ同じ内容(例はコチラ

上記の形式で集計したところ、240問中58問がプール制による出題という結果になりました。実に約4問に1問がプール問題ということになります。

さらに、必修問題と一般・状況設定問題に分けて集計すると、「必修問題の44%(50問中22問)がプール制による出題」ということが分かりました。
このことは、必修問題が「落とすためではなく看護師として必ずおさえておくべき知識を確認する問題」だということを分かりやすく示しています。

ご存じのとおり、必修問題の合格基準は80%ですので、プール問題対策(過去問対策)がいかに大事か、換言すると、過去問対策をおろそかにすると確実に落ちてしまう、ということを如実に表すデータといえます。

「①問題文・選択肢を含めて、ほぼ同じ」の例

「②問題文や選択肢は異なるが、問われているのはほぼ同じ」の例

この記事のまとめ
  • 必修問題は、44%(50問中22問)がプール制による出題!
  • 一般・状況設定問題は、19%(190問中36問)がプール制による出題
  • 必修問題において、高頻度でプール問題が出題される理由は、「落とすためではなく、看護師として必ずおさえておかなければならない知識を確認する問題」だからである
  • プール問題対策=過去問題演習。つまり、過去問演習をおろそかにすると、国家試験に合格できないといえる