おや、今度の学生さんはこの春から始まる実習が不安なようですね。

「実習前に腎不全についてまとめる課題が出てるんだけど、勉強が進まない・・・」
「そもそも実習先の現場でどんなことを学ぶのかしら・・・」

その不安、『なぜ?』が解決します!

実習に『なぜ?』が効く2つの理由

①事前学習に役立つ!

多くの学校で、実習前に臓器や病気についての課題(事前学習)が出されます。でも臓器や病気の知識って、一度授業でやっていたとしても、まとめるのはとても大変。そこで教科書などを読む前にまず『なぜ?』を開いてみてほしいんです。

『なぜ?』は、読みやすい会話形式と豊富なイラストで解説している本なので、基礎を固めるのにピッタリな本。一度『なぜ?』を読んでおくと、出された課題がスイスイ進められるはずですよ。

②実習先の雰囲気やポイントがわかる!

『なぜ?』の主人公は実習中の看護学生なんです。しかもストーリーは、実際の看護学生さんや臨床で活躍中の看護師さんから集めた、“実習中によくあるエピソード”を元に作られています。実習先の雰囲気がつかめるので、ちょっと安心できませんか?

そして、実習中の皆さんは知ってのとおり、学生が一番恐れているのは、指導役からの質問です。
「なんでその方法で体位変換したの?」
「この対応をした根拠はなに?」

いきなり聞かれるとドキッとしますよね。

『なぜ?』はこうした指導役からの質問にも対応できるよう、“根拠まで理解できる”をコンセプトに作られているんです。これから実習が始まる、または今実習中のアナタに『なぜ?』がオススメです。

もっと詳しく知りたい方はコチラをチェック!