RB保健師2018(4/29発売)

QB保健師2018(4/21発売)

ついに今月、保健師国試対策の超定番『レビューブック保健師2018』(4月29日発売)、『クエスチョンバンク保健師2018』(4月21日発売)が発売されます。
日々の勉強や実習、卒論などに追われ、保健師の国試対策は後回しになりがちです。

そこで、編集部から国試突破のための『レビューブック保健師2018(RB保健師)』、『クエスチョンバンク保健師2018(QB保健師)』のおすすめ活用方法をご紹介します。
これで保健師国家試験対策もバッチリ!!

 

おすすめの保健師国試の勉強法

編集部が推奨する保健師国試の勉強は、

Step1.『RB保健師』を読んで知識をインプットする
Step2.『QB保健師』で問題を解いて、知識が身についているかチェックする
Step3.『QB保健師』で間違えた箇所は『RB保健師』で復習する

という3ステップです。

 
このように知識のインプット問題演習復習と繰り返すことで知識は盤石なものになり、応用力も身につきます。
『RB保健師』『QB保健師』は参照ページで相互リンクしているため、効率よく2冊を行き来することができます。
それでは次に、書籍の具体的な使い方をみていきましょう。

『レビューブック保健師(RB保健師)』の使い方

『RB保健師』とは

『RB保健師』は、10年分の保健師国試を徹底分析・正文化した、保健師国試対策・保健師公務員試験対策のための参考書です。
保健師国家試験に必要不可欠な知識を多くの図表やイラストを使いながらまとめています。
過去10年の国試で問われた箇所は青字になっているため、重要事項がひと目でわかります。

▼『RB保健師』の紙面(タップで拡大)

 

『RB保健師』を読んで体系立てた学習をしよう!

『RB保健師』の最大の利点は、体系立てた学習ができることです。例えば、以下の「精神保健」の分野の目次構成をみてください。

 
このように『RB保健師』は、分野ごとに概要関係制度実際の保健指導といった具合に構成されています。そのため、たとえ苦手な分野でも流れに沿ってスラスラと読み進めることができ、知識の定着に最適です。

『RB保健師』を常に持ち歩こう!

『RB保健師』は、コンパクトなサイズで持ち運びもラクラクです。
授業や実習に持って行けば、「実習先で出会った民生委員さん。名前は聞いたことあるけど、どんな役割の人だっけ?」「1歳6か月健診は法律でどんなことが定められているんだっけ?」などといった疑問が湧いたときにさっと調べることができるのでオススメです。

保健師でも「マイ・レビューブック」をつくろう!

実習や授業、模試など、さまざまな学習で得た知識をバラバラにしたままだと、なかなか記憶として定着しません。
すべてを『RB保健師』に集約し、「マイ・レビューブック」としてまとめあげていきましょう。この作業を繰り返すことで、知識が1冊に集約され、学習すべてを一本化できます。

▼先輩の「マイ・レビューブック」の例。模試で間違えた箇所にマーカーを引いたり、関連書籍の切り抜きを貼ったりしています。(タップで拡大)

 

『クエスチョン・バンク保健師(QB保健師)』の使い方

『QB保健師』とは

『QB保健師』は厳選した過去問題と、オリジナルの予想問題を「丁寧な解説」「豊富なイラストで楽しく学べる」という方針のもとに編集した保健師国試の過去問題集です。
弊社が受験生に行ったアンケートでは、回答者2,500名のうち約9割が『QB保健師』を使って勉強したと答えており、名実ともに保健師国試必携の一冊といえます。

▼『QB保健師』の紙面(タップで拡大)

 

最新情報で問題演習をしよう!

『QB保健師』の特長として、法律・統計に関する問題を最新情報をもとにアップデートしていることが挙げられます。
例えば、以下の第98回保健師国試の問題をみてください。

▼出題当時の問題(タップで拡大)

 

▼『QB保健師』の問題(タップで拡大)

 
出題当時は、BCGは生後6か月未満に接種することとなっていましたが、『予防接種法』の改正により平成25年から生後1年未満に変更になりました。また、ジフテリア・百日咳・破傷風の三種混合ワクチンは、平成24年11月からポリオを含めた四種混合ワクチンに変更されました。
『QB保健師』は、このように最新の法改正や統計情報をもとに毎年問題を改変しているため、過去問題集でありながら最新の知識で学習することが可能です。

基本事項で関連知識をチェックしよう!

国試の問題によくあるパターンとして、「同じテーマの過去問を違う視点から出題する」というものがあります。
例えば、「○○期の歯科保健指導として適切なものはどれか?」という問題ですが、第93回国試では乳幼児期、第101回では成人期、第103回では妊娠期と、対象のライフステージを変えて何回も出題されています。
そのため、ただ過去問で問われたことを覚えるだけでは不十分であるといえます。
これに対し、『QB保健師』では各問題の重要な関連知識をまとめた「基本事項」を掲載しています。

▼『QB保健師』の基本事項の例(タップで拡大)

 
基本事項を抑えることで重要な関連知識まで学習することができ、問題への対応力が上がります。しっかりとチェックしておきましょう。

  

いかがでしたか?保健師の勉強は後回しにしてしまいがちですが、国試ギリギリになって焦らないよう、コツコツと準備を進めていきましょう!