本日2017年3月27日、第106回看護師国家試験の合格発表等について、厚生労働省より以下のように発表されました。
 
第106回看護師国家試験
出願者数 63,043人
受験者数 62,534人
合格者数 55,367人
合格率  88.5%
 

第106回看護師国家試験の合格基準

必修問題及び一般問題を1問1点、状況設定問題を1問2点とし、次の(1)~(2)の全てを満たす者を合格とする。

(1)必修問題  40点以上/50点
但し、必修問題の一部を採点対象から除外された受験者にあっては、
必修問題の得点について、40点以上/49点又は39点以上/48点となる。

(2)一般問題
状況設定問題 142点以上/248点

厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/2017/siken03_04_05/about.html

不適切問題とその理由

問題番号 理由
午前第10問 問題として適切であるが、必修問題としては妥当でないため。
午前第15問 問題として適切であるが、必修問題としては妥当でないため。
午後第31問 設問に不適切があるため。
選択肢に誤りがあり正解が得られないため。
午後第33問 複数の正解があるため。
午後第54問 設問が不適切で正解が得られないため。
午後第72問 設問が不明確で複数の選択肢が正解と考えられるため
午後第93問 複数の正解があるため。
午後第108問 複数の正解があるため

 
 
その他、正答等は厚生労働省ホームページをご確認ください。